インフルエンザ マスク



【インフルエンザ マスク】


【幼児用ウィルス対策マスク】3層式ミニ不織布マスク50枚組HL-300
幼稚園・保育園・小学生以下のお子様のインフルエンザ対策に!



【子供用ウィルス対策マスク】3層式不織布マスク50枚組HL-200
お子様や女性のためのインフルエンザ マスク!



ERA MASK 99 (ERAマスク 99)
インフルエンザ マスク 99%以上カット!



ERA Mask 99 60枚入 ERAマスク
インフルエンザ対策に!細菌や花粉を99%以上もカット!



【大人用ウィルス対策マスク】3層式不織布マスク50枚組HL-1000
ウィルス対策に大人用のインフルエンザ マスク!



三層サージカルマスク 50枚入り
しっかりとした日本語の表記!



新型インフルエンザ【ウィルス対策幼児用マスク】
3層ミニEXマスク(8.5×12cm)50枚入



【ウィルス対策子供用マスク】3層ミニマスク(サイズ9.5×14.5cm)
女性・お子様向けの小さいサイズ!大切なお子様も安心のマスク!



【こどもマスク】子供用サージカルマスク(フランス・マコファルマ社製)50枚(50枚×1箱)
フランスのトップメーカーMacoPharma社製造の高機能・子供用マスク



コモスイ
新型インフルエンザに菌やウイルスを徹底ブロック!



新型インフルエンザ対策!
3層サージカルマスク50枚組



インフルエンザマスク
3層サージカルマスク50枚組

新型インフルエンザ対策のマスクとは

サージとは手術や処置などの医療行為を指し、本来はそのときに用いる医療用(病気予防用)マスクを サージカルマスクと呼ぶが、風邪や花粉症の患者が用いる一般向けマスクもサージカルマスクである。

サージカルマスクには、SARSや新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)・鳥インフルエンザ が社会的に問題になったときに知られるようになったN95マスクのように、 感染症(伝染病)患者に対応するための高性能フィルタを用いたものもある

一般の薬局薬店、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどで手に入るインフルエンザ対策のマスクは耳にゴム紐等をかけて装着するが、 医療用(とくに手術時などに用いるもの)は、長時間の装着や会話に伴ってズレることがないよう、また顔面への密着性を 高めるために、後頭部に紐またはゴム紐をまわして装着する

サージカルマスクの種類

マスクの性能を表す指標としてBFE(細菌濾過効率)とPFE(微粒子濾過効率)がある。 前者はマスクによって細菌を含む粒子(平均粒子径4.0〜5.0マイクロメートル)が除去された割合(%)、 後者は試験粒子(0.1マイクロメートルのポリスチレン製ラテックス球形粒子)が除去された割合(%)のことである。 アメリカ食品衛生局では、サージカルマスクの基準をBFE95%以上と規定している

新型インフルエンザのマスクに用いられる素材

一般にマスク(衛生用マスク)と呼ばれるものの素材は、ガーゼまたは不織布が多い。 ガーゼマスクは一般に不織布マスクよりも防塵性能は低い!インフルエンザ対策には、不織布のマスクがおすすめです。一般に出回っているマスクの多くは2〜3枚を重ねたものが多い。HEPA規格の不織布を用いた高性能なものもある。不織布マスクの多くは使い捨てである。

マスクの効用

呼吸の際に外部からの埃や塵、花粉などを防ぐ用途に用いたり、また、新型インフルエンザの感染者のクシャミや咳などでウイルスを 含んだ分泌物を外部に広く撒き散らしにくくする効果があり、新型インフルエンザに感染している患者は他人に伝染させない為、 感染拡大を防ぐ為にマスクを着用する事が求められる。

風邪ウイルスや新型インフルエンザウイルスはウイルス単体での空気感染では感染はしない。唾などの体液に含まれたウイルスによる飛沫感染 によって感染が広がるものである。マスクを着用する事により外部から風邪ウイルス・インフルエンザウイルスの進入、感染を効果的に 阻止できる。

N95マスクとは

N95マスク(Particulate Respirator Type N95)とは、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格をクリアし、認可された微粒子用マスクのこと。

N95規格とは、米国 NIOSHが定めた9種類の基準の中で最も低いもので 、Nは耐油性が無いことを表し(Not resistant to oil)、95は試験粒子を95%以上捕集できることを表している。

NIOSH規格で用いる試験粒子は、フィルターで最も捕集しづらい、つまりフィルターを通過しやすいサイズの粒子で、 空力学的質量径でおおよそ0.3μmの粒子であり、この粒子径で95%以上捕集できなければならない、またそれ以下の粒子径、 それ以上の粒子径は当然95%以上の捕集性能である。 なお、N規格の試験粒子は、塩化ナトリウム(NaCl)、DOPが用いられる。 (試験粒子はろ材のタイプにより選択される)

N95とはフィルター自体の性能を示すもので、装着後のマスクと顔との密着性は保証していない。使用にあたっては、 正しい装着を実施する必要がある。

N95マスクの用途

粒子状物質の吸入防止用。元々は製造現場等のマスクとして使用されていたが、結核、SARSなどの感染防止に効果を上げたことから、N95マスクは医療関係でも用いられるようになった。

手術用のサージカルマスクなどとは区別し、レスピレータ(呼吸用保護具や防じんマスクとも呼ばれる)と呼ぶ。 サージカルマスクは装着者の側から発する飛沫の拡散を防ぐために用いるが、レスピレータは装着者を空気中の微粒子 (有害物質やウイルスなど)から防ぐために用いる。

日本の厚生労働省国家検定規格では、DS2区分マスクがN95マスクに相当する能力を持つとされる。

米国労働安全衛生研究所(NIOSH)による規格区分

NIOSHによる規格は、N95をはじめとする以下の計9種がある。3種の耐油性イニシャルと、 3種の性能数字とを組み合わせて規格名が作成されている

N:Not resistant to oil (耐油性なし)
R:Resistant to oil( 耐油性あり)
P:Oil Proof( 防油性あり)

N95/R95/P95:0.1〜0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能
N99/R99/P99:0.1〜0.3μmの微粒子を99%以上除去できる性能
N100/R100/P100:0.1〜0.3μmの微粒子を99.97%以上除去できる性能

新型インフルエンザの症状については、厚生労働省のホームページを参考にして下さい